ハウス・オブ・ボルジア
タイトル:House of Borgia
デザイナー:Scott Almes
メーカー:Gamelyn Games, Talon Strikes Studios LLC
発売年:2017

プレイ人数:2人〜6人
プレイ時間:30分
対象年齢:14歳〜


大定番の傑作「ブラフ」と正体隠匿を組み合わせた意欲作です。

プレイヤーは、自分の傀儡である枢機卿を次の教皇として選出させるべく、暗躍します。
さまざまなアクションを活用し、トークンをより集めることを目指します。

アクションの選択は、「ブラフ」のような宣言によって行われます。
ラウンドのはじめに、全プレイヤーはサイコロを振ります。
サイコロの目はアクションと対応しており、行いたいアクションの目が、場全体(すべてのプレイヤーのサイコロ全体)でいくつあるかを予想し、そのアクションと予想した数を宣言します。
もし、次の手番のプレイヤーにチャレンジ宣言されず、予想が通れば、そのアクションを実行できます。
以降の手番のプレイヤーも、同様にアクションと数の宣言を行うのですが、数は、それまでに宣言された数よりも増やさなければなりません。
効率よくアクションを積み重ねていくためには、場全体のサイコロの目を的確に予想し、また、時には大胆に数を宣言しなければならないのです。

もし、場全体の数よりも宣言のほうが上回ったと思ったら、手番プレイヤーに対し、チャレンジ宣言を行います。
果たして、手番プレイヤーの宣言は、素直な予想なのでしょうか。それともブラフなのでしょうか。

チャレンジ宣言のあと、トークンの配分などが行われ、新たなラウンドを開始します。

宣言の失敗などによりペナルティでサイコロを失っていき、結果、サイコロを無くしてしまったプレイヤーが出たら、ゲーム終了です。
ゲーム中に獲得したトークンをもっとも獲得した枢機卿を操っていたプレイヤーが勝利となります。
操る枢機卿は、ゲーム開始時にランダムかつ、ほかのプレイヤーに秘密裏に決められています。
誰がどの枢機卿を操っているのか、それを読むのもまた重要です。それがわかれば、アクションを選択する際に、より自分が有利になるように選択できるからです。

ブラフと正体隠匿という二つの要素を大胆に組み合わせた個性的な一作です。
  • ハウス・オブ・ボルジア
  • ハウス・オブ・ボルジア

ハウス・オブ・ボルジア

hob

4,320円(内税)

定価 4,320円(内税)

在庫状況 在庫わずか

購入数