12王国の評議会 日本語版
タイトル:Council of 12
デザイナー:Rita Modl
メーカー:Corax Games
発売年:2022年

プレイ人数:2人〜4人
プレイ時間:20分〜30分
対象年齢:10歳〜


ール難易度:★★☆☆☆(「12王国の玉座」と同様に極めて簡単だが、ダイス目の扱いや処理順には注意が必要)

いいポイント
・「バッティング」と「協力」の相性がよく、「手や思考を読む」ことの面白さがストレートに楽しめる
・前回のゲーム展開を引き継いで使えないカードがあるなど、繰り返し遊ぶための工夫がうまく利いている
・各ゲームの最後に用意された「国王決め」の盛り上がりはかなりのもの

イマイチなポイント
・基本的には「カードを選ぶ〜処理」というのがゲームの流れとなるため、ややシステマチックで淡泊な印象を受ける
・イージーに目標を達成できるケースが低くない頻度であり、物足りたさを感じることも


人気バッティングゲーム「12王国の玉座」シリーズの第二弾です。
さまざまな特殊効果を持ったカードを使ってダイス目をコントロールするという基本システムはそのままに、協力ゲームになりました。

プレイヤーは、全員で協力して、共有のダイス目をコントロールし、各ターンごとに示されるお題となるダイス目を出すことを目指します。
コントロールするために用いるのは、さまざまな特殊効果を持ったキャラクターカードです。
各ターン、各プレイヤーは、キャラクターカードを一枚選び、その特殊効果をダイス目に適用し、ダイス目を変えていくことになります。
そして、示されたお題通りの目にすることができたならお題達成です。これを繰り返し、少ないミスで、すべてのお題をクリアすることを目指すのです。

しかし、注意が必要です。
同じキャラクターカードを複数のプレイヤーが選んでいる、いわゆる「バッティング」の状況となっていた場合、それらの効果はたがいに打ち消し合い、効果を発せられないのです。
そのため、ただ、どのような効果を発するのかを元にキャラクターを選ぶだけでなく、どのプレイヤーがどのような思考でいるのかを読む必要もあるのです。

もちろん、キャラクターの効果は、単純なものばかりではありません。
場合によっては、他のプレイヤーが選んだキャラクターの効果との組み合わせが必要となることもあるでしょう。
しかし、ゲーム中に可能なコミュニケーションは、本当に最低限のことだけなのです。
その中で、適切なキャラクターを選ぶのは、容易なことではなく、それがまた面白味でもあるのです。

すべてのお題を解決したあと、次期国王を決める最後のチャレンジが待っています。
最後のチャレンジにも成功し、勝利を収めることができるでしょうか。

一ゲーム一ゲームは、手軽かつ面白く、それだけでも十分に楽しむことができますが、ゲームごとに変わるキャラクターカード、前回のゲーム内容を一部引き継いでのキャンペーンゲーム的な側面もあり、繰り返しのプレイこそがこのゲームの真骨頂と言えるかも知れません。

手と思考を読み、より高い得点を目指し、ぜひ、繰り返し、ゲームにチャレンジしてみてください。

「12王国の玉座」で使うことができる「評議会」に登場する一部キャラクターのカードが特典としてつきます。
紙質、色味などは若干異なります。あらかじめご了承ください。
  • 12王国の評議会 日本語版

12王国の評議会 日本語版

4560450501244

2,860円(内税)

定価 2,860円(内税)

在庫状況 在庫あり

購入数

営業日カレンダー

2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

定休日:火・水・日

営業時間:12:00-17:00
(祝日のみ)12:00-17:00